ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

PDF等の画像データからテキスト情報を抽出するシステムの開発を目的とした国立大学法人三重大学との共同研究契約締結のお知らせ

ここから本文になります。

2020年1月9日

当社は、国立大学法人三重大学(所在地:三重県津市、代表者:学長 駒田 美弘、以下「三重大学」)との間で、書式が異なる様々なPDF形式の画像データから、構造化されたテキスト情報を抽出する画像処理システムの開発を目的に、共同研究契約を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.背景

当社では、人生100年時代の到来、デジタルシニア層の拡大など、様々な経営環境の変化に対応するため、グループ力強化の施策の一環としてFinTech対応を中期経営計画の目標に掲げ、ITを活用したお客さまサービスの向上に取り組んでいます。

2.共同研究の内容

投資対象である上場企業各社が開示する情報量は年々増加し、その全てを効率的に分析することは困難な状況となっています。このため当社では、自然言語処理を活用して個別企業の開示情報を分析するツールの開発を進めています。

そこで今回、当社は三重大学工学研究科電気電子工学専攻の鶴岡信治教授と共同で、書式が異なる様々なPDF形式の画像データから、構造化されたテキスト情報を抽出する画像処理システムの開発を目的とした研究を行うことといたしました。鶴岡教授は、長年に亘って文書画像処理、人工知能システムの分野で最先端の知見をお持ちであり、また現在、同大学の副学長を務めておられます。

3.今後の展開

従来、人手を介してアナログ的に行われてきた分析作業の効率化に寄与すべく、自然言語処理を活用し、非財務情報からリスク等を数値化するなど、新たな金融サービスの開発を進めてまいります。また、個人のお客さまに向けては、スマートフォン用アプリ等を介したサービス提供を目指してまいります。

以 上

本件に関するお問い合わせは、広報IR部(03-3275-8248)までお願いいたします。

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。