ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

経営者ごあいさつ

ここから本文になります。

平素より岡三証券グループに格別のご高配を賜りまして誠にありがとうございます。

前年度においては、引き続き慎重な対応を迫られた新型コロナウイルス感染症のほか、ウクライナ情勢など歴史的な転換点とも言える大きな外部環境変化のなかにあって、将来にわたり事業基盤をより強固なものとするための改革施策を推進いたしました。

中核子会社の岡三証券においては、マーケティング起点の営業改革や、商品開発体制の強化等を目的としたプロダクト・ソリューション部門の新設、お客さまとの接点拡充に向けた店舗戦略など、多様なお客さまニーズに応えるための体制づくりを推進いたしました。また、岡三証券と岡三オンライン証券の経営統合を完了し、対面とネットの融合による新たな付加価値提供に向けた取り組みを進めました。

さらに、事業領域によってグループの枠を超えた連携により成長を目指す「自前主義からの脱却」を推進しており、2022年3月にはクラウドファンディング事業会社との資本業務提携や、パートナー企業数社との協業によるデジタル証券ビジネスへの参入を決定したほか、5月にはインターネット総合金融企業との間で岡三アセットマネジメントの合弁会社化について基本合意いたしました。

わが国の証券ビジネスは、手数料の構造変化や急速なデジタルシフトなどによりビジネスモデルの在り方が変容しつつある一方で、個人金融資産の動向に目を向けると、新たな投資家と新たな資金の流入による成長ポテンシャルは高いと考えます。当社といたしましては、お客さま一人ひとりのニーズに合ったサービスを提供するOne to Oneマーケティングの実現に加え、グループリソースの活用と自前主義からの脱却によるプラットフォーム戦略の強化を図るとともに、人材投資についても積極的に推進し、競争力を高めてまいります。

来る2023年4月に迎える創業100周年を、将来を見据えた拡大成長戦略における新たなスタート地点と位置づけ、中長期的な企業価値の向上に努めてまいります。

2022年6月

取締役社長 新芝 宏之

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。